ドラゴンボールにジャコが初登場したのはいつ?別作品も紹介

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

この記事では、ドラゴンボールに登場するジャコが初登場するのはいつか紹介しています。

ドラゴンボールには、「超(スーパー)」から登場するキャラがたくさんいます。

銀河パトロールのジャコもその中の1人です。

今回は、ジャコが初登場したのはいつか紹介したいと思います。

ジャコの初登場:映画

ジャコがドラゴンボールにはじめて登場したのは、2015年4月18日に公開された映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」です。

\31日無料で、小説や漫画にも使える600円分のポイントももらえる!/

銀河パトロールをしていたジャコがフリーザが復活したことを地球に知らせにきました。

この時点でブルマとは顔見知りという設定で、ブルマ経由でフリーザが1000人の部下を連れて地球にやってくるということを伝えます。

この時点で初登場のキャラなのに、ブルマと知り合いということで戸惑いました。

ある意味、地球を救ったと言えなくもありません。

一応フリーザ軍との戦いにも参加していますが、フリーザ軍の雑魚ぐらいなら倒せるけど、数が多いと対処しきれないぐらいの強さのようです。

ちなみにジャコの声優は後に竈門炭治郎(鬼滅の刃)をされる花江夏樹さんです。

ジャコの初登場:アニメ

アニメのドラゴンボール超にジャコが初登場するのは、第20話「ジャコからの警告! 迫り来るフリーザと1000人の兵士達!」です。

映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の内容を再編集して、2017年6月3日に放送されました。

基本的には映画と同じですが、地球にやってきたタイミングで、トランクスと悟天にいじられるという設定が追加されています。

\31日無料で、小説や漫画にも使える600円分のポイントももらえる!/

ジャコの初登場:別作品

もともとジャコはドラゴンボールのキャラではなく、「銀河パトロール ジャコ」という鳥山明先生の漫画の主人公でした。

2013年7月1日発売のジャンプに掲載されていますので、ドラゴンボール以前の本当の意味での初登場はこちらになります。

とはいえ、ドラゴンボールとまったく無関係ではなく、ドラゴンボールのキャラも登場します。

ブルマもその一人で、ジャコの宇宙船を直して、銀河パトロール本部に帰還する手伝いをしました。

上で紹介した映画やドラゴンボール超で、顔見知りだったのは、この時の縁があったからです。

ちなみに、この「銀河パトロール ジャコ」では、ブルマの姉のタイツというキャラが登場します。

ブルマは一人娘だと思っていたので、姉がいたことに驚きでした。

でも、ブルマも若くしてドラゴンボール探しの長い旅に出ていたので、姉も家を出ていてもおかしくないんですよね。

なお、ブルマがジャコにあったのは、ドラゴンボール本編よりも前の話です。

実は、ドラゴンボールに出てくるほとんどのキャラより、ジャコの方が先にブルマに出会っていたということでした。

ドラゴンボールのジャコの初登場:まとめ

ドラゴンボールのジャコの初登場は以下のとおりです。

  • 映画:ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年4月18日)
  • アニメ:ドラゴンボール超20話(2017年6月3日)

もともとはドラゴンボールのキャラではなく、「銀河パトロール ジャコ」の主人公でしたが、ブルマとは縁があったため、ドラゴンボールの世界にも来たようです。

ドラゴンボールの作中では、復活したフリーザが地球に来ることを伝えるという重要な役割を担っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました