ヒカルの碁の作者は死亡した?原作者のほったゆみさんの現在は不明?

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

この記事では、「ヒカルの碁」の作者「ほったゆみ(原作)」さんと「小畑健(漫画)」さんが死亡したかどうかについて紹介しています。

「ヒカルの碁」は、アニメ化もされ囲碁の普及にも貢献した人気作品です。

そんな「ヒカルの碁」ですが、作者が死亡したという噂があります。

なぜこんな噂がでたのでしょうか?

今回は、「ヒカルの碁」の作者「ほったゆみ(原作)」さんと「小畑健(漫画)」さんが死亡したかどうかについて紹介します。

\31日無料で、小説や漫画にも使える600円分のポイントももらえる!/

ヒカルの碁の原作者「ほったゆみ」は死亡した?

結論からいうと、「ヒカルの碁」の原作者「ほったゆみ」さんが死亡したという情報はありません。

「ほったゆみ」は、夫の堀田清成さん、妻の堀田由美さんによる、共同ペンネームですが、亡くなったという情報は確認できませんでした。

ただ、亡くなってはいるけど、公表していないだけの可能性があります。

ですので、「ヒカルの碁の原作者ほったゆみさんは死亡していない」と断言することは難しいです。

ヒカルの碁の作画「小畑健」は死亡した?

ヒカルの碁の作画「小畑健」さんは死亡していません。

「ヒカルの碁」が終了した後も、別の原作者の方と「DEATH NOTE」や「バクマン」を書かれています。

現在は、ジャンプスクエアにて漫才をテーマとした「ショーハショーテン!」を連載されています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

ヒカルの碁の作者死亡の噂がでた理由は?

ヒカルの碁」の作者死亡の噂がでた理由は、「ほったゆみ」さんの現在の状況が分からないからだと考えられます。

ほったゆみさんは、ヒカルの碁の連載終了後、「ユート」の原作をされていました。

その後、「はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ」を2013年にWeb連載されていました。

確認できた範囲では「はじマン チャレンジ!はじめてのマンガ」が、ほったゆみさんの一番新しい作品となります。

10年以上経つことになります。

ほったゆみさんは、X(旧ツイッター)もされていませんので、現在の状況が不明です。

そのため、ヒカルの碁の作者死亡の噂が出たのはないかと考えられます。

ヒカルの碁を楽しむならU-NEXTがおすすめ

「ヒカルの碁」を楽しむなら、U-NEXTがおすすめです。

31日間無料お試しで、「ヒカルの碁」のアニメが楽しめます。

しかも、小説や漫画購入に使える600円分のポイントももらえますので、「ヒカルの碁」の小説や漫画1冊を格安で手に入れることができます。

購入した小説や漫画は無料期間終了後も読めますので、安心してください。

\31日無料で、小説や漫画にも使える600円分のポイントももらえる!/

まとめ:ヒカルの碁の作者は死亡した?

「ヒカルの碁」の原作者「ほったゆみ」さんが、死亡したという情報はありません。

しかしながら、現在の状況が不明ですので、死亡していないと断言はできません。

「ほったゆみ」さんの現在の状況が不明のため、ヒカルの碁の作者死亡の噂がでたと考えられます。

一方、「ヒカルの碁」の作画担当「小畑健」さんは、死亡していません。

ジャンプスクエアにて「ショーハショーテン!」を連載されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました